内藤哲郎

高い技術に裏打ちされた、繊細な表現とその音色の美しさは他の追随を許さない。唄うように流れるリズムの旋律こそが、確固たる内藤哲郎独自の太鼓表現である。
1991年、新潟県佐渡市を拠点に活動している和太鼓芸能集団「鼓童」に入座。在籍中は
国内外公演での演奏、また作曲や演出も手掛けアルバムにも多数収録。
2002年春、鼓童より独立。和太鼓演奏家として拠点を東京に移し活動を始める。 以降、吉田兄弟や角松敏生、DJクラッシュ、ソウルフラワーユニオンなど様々なアーティストのアルバムに参加し国内外のツアーに同行し、共演するアーティストは多岐にわたる。同時に自身のユニットの公演、ツアー、レコーディング、また各地の和太鼓グループへの作曲、学校の部活動や個人などへの指導とその活動は幅広く精力的におこなっている。和太鼓という極めて原始的な楽器を駆使した表現やその魅力・可能性を追求し続けている。

2015年よりヨーロッパ(スペイン・ポルトガルを中心に)への演奏旅行を精力的におこなっている。大使館主催の日本祭りやフェスティバルなどにも参加。また地元の学生へのWSなど、日本の文化や芸能など精力的に伝えている。

2018年7月~10月、堂本光一・井上芳雄主演の新作ミュージカル『ナイツテイル~騎士物語~』に、自身初めてとなるミュージカルに和太鼓奏者として出演。東京・帝国劇場、大阪・梅田芸術劇場にておよそ2ヶ月間の公演に参加。